日本神経感染症学会
学会概要 入会案内 総会案内 学会誌 お知らせ ガイドライン 会員向けページ

Neuroinfection

 本学会では、学会誌(NEUROINFECTION)を年間2冊発行しており、例年、1号は前年度の学術集会における
演題発表の原稿を主に原著論文の掲載をし、2号は学術集会抄録号となっております。
 学会員の方へは、事務局に登録されている住所へ無料にて発送しており、非会員の方でも\2,000/冊にて
販売しております。ご購入希望の方は事務局(shin-kan@shunkosha.com)までご連絡ください。


投稿規程

原著論文につきましては、随時募集しております。以下の投稿規程(PDF)をご一読の上、投稿ください。
なお、1号の発刊時期は、例年8〜10月頃を予定しております。

Pdf 投稿規程(PDF)

バックナンバー

  内容 発行月
Neuroinfection 20巻 2号 第20回日本神経感染症学会学術大会抄録号 2015.9
1号 第19回日本神経感染症学会シンポジウム等特集号 2015.4
Neuroinfection 19巻 2号 第19回日本神経感染症学会学術集会抄録号 2014.8
1号 第18回日本神経感染症学会シンポジウム等特集号 2014.7
Neuroinfection 18巻 2号 第18回日本神経感染症学会学術集会抄録号 2013.9
1号 第17回日本神経感染症学会シンポジウム等特集号 2013.8
Neuroinfection 17巻 2号 第17回日本神経感染症学会学術集会抄録号 2012.10
1号 第16回日本神経感染症学会シンポジウム等特集号 2012.9
Neuroinfection 16巻 2号 第16回日本神経感染症学会学術集会抄録号 2011.10
1号 第15回日本神経感染症学会シンポジウム等特集号 2011.8
Neuroinfection 15巻 2号 第15回日本神経感染症学会学術集会抄録号 2010.9
1号 第14回日本神経感染症学会シンポジウム等特集号 2010.9
Neuroinfection 14巻 2号 第14回日本神経感染症学会学術集会抄録号 2009.9
1号 第13回日本神経感染症学会シンポジウム等特集号 2009.9
Neuroinfection 13巻 2号 第13回日本神経感染症学会学術集会抄録号 2008.9
1号 第12回日本神経感染症学会シンポジウム等特集号 2008.9
Neuroinfection 12巻 2号 第12回日本神経感染症学会学術集会抄録号 2007.10
1号 第11回日本神経感染症学会シンポジウム等特集号 2007.5
Neuroinfection 11巻 1号 第11回日本神経感染症学会学術集会抄録号 2006.10
Neuroinfection 10巻 2号 第10回日本神経感染症学会学術集会抄録号 2005.10
1号 第9回日本神経感染症学会シンポジウム等特集号 2005.5
Neuroinfection 9巻 2号 第9回日本神経感染症学会学術集会抄録号 2004.10
1号 第8回日本神経感染症学会シンポジウム等特集号 2004.5
Neuroinfection 8巻 1号 第8回日本神経感染症学会学術集会抄録号 2003.10


機関リポジトリ登録について

 日本神経感染症学会が刊行するNEUROINFECTION(学会誌)に掲載された論文を、著者が所属機関の図書館などのWebサイトへ掲載する際には、申請手続きが必要となります。詳しくは、以下の「機関リポジトリ登録手続きについて」をご一読の上、申請手続きを行ってください。
 上記の【(様式1)機関リポジトリ登録申請書】及び【(様式2)機関リポジトリ公開申請書】をメール又は郵送にて日本神経感染症学会 事務局へ送付してください。
 
T.機関リポジトリへの対応
  1) 公開を認める対象は、発行日から1年を経過したNEUROINFECTION(学会誌)の誌面とする。
2) 公開にあたっては、出典を明記する。→[申請者及び登録機関]
3) 誌面によらない形式の場合も、著作権は日本神経感染症学会に属する。
 
U.機関リポジトリ登録申請
  4) NEUROINFECTION(学会誌)に掲載された論文などを機関リポジトリに登録しようとする機関は、所定の申請書類となる(様式1)と(様式2)を日本神経感染症学会 事務局へ提出の上、許可を得る。→[申請者又は登録機関]
5) 許可の審査は理事長指揮のもと、理事会にて行う。→[日本神経感染症学会 理事長]
6) 許可の機関には機関リポジトリ公開許可書を発行する。→[日本神経感染症学会 事務局]

お問い合せ バナー広告掲載について